読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後ろ向きな私の不妊治療

体外受精から妊娠中

嫌われていた女VS極悪な女

日常 母の気持ち

この前会った時に、Bちゃんが切迫で入院中の写真を見せてもらった。1ヶ月以上入院するとみんな仲良くなるらしい。病院のスタッフや入院患者との集合写真。妊婦さん達すごく幸せそうで入院中なのに悲壮感がない。『この人と特に仲良しなの』って指差した女性に見覚えあり。会社に昔いた弁護士だった。

その女弁護士、一部上場企業を渡り歩いてて職歴が派手。中々の美人でかなりやり手だけど、性格悪く気が強くて正論理詰めの、超めんどくさい女だった。彼女を良く言う人はいなくて、関わる人みんなから嫌われていた。わざわざ会社で敵を作りだして、身動き取れなくなっていったイメージ。会社なんて適当にやり過ごせばいいのに、何て不器用なんだと思っていた。

そんな彼女と仲良くなったと言うBちゃん。ど天然だから、イヤミを言われてる事すら気づかなかったのか?とも思ったけど、写真の中の弁護士はすごく柔らかい笑顔で、言われなければ本人だって気づかなかった。Bちゃんに弁護士はどんな人?と聞くと、とにかく優しいと絶賛。いい人エピソード満載。Bちゃんが完全歩行禁止になったら毎日病室に話に来てくれたって。想像つかない。何が目的だよと勘ぐりたくなる。

思わずBちゃんに弁護士と知り合いだと言ってしまったら、今度3人で会う事に。しかも向こうから会いたいって言ってるって事にびっくり。だって、当時若かった私は、作成した書類を突き返してきた彼女に対して『いつも稟議書ごときにケチをつけるのは我慢してるけど、急ぎの契約書に関しては、あなたの的外れなケチは聞いてられないので、黙ってとっとと役員に回して下さい』的な事を言って、彼女と全く口をきかなくなった。別に普段から彼女に対しての我慢が蓄積してとかじゃない。基本的に仲良くない人なんて、どうでもいい。どんな扱いを受けようが、自分がしようが全く気にならない。ただいい子で通ってる私の態度に、どんな反応するんだろうと興味本位だけだった。残念ながら返しはなく、すぐに契約書はまわされ、その後彼女は会社を辞めた。私に会いたいって正気。もう5年くらい前の話だし忘れてんのかな?