読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後ろ向きな私の不妊治療

体外受精から妊娠中

助成金

日常
不妊治療の助成金、収入ではねられるからよくわかってないけど、貰える年齢が下がり43歳の誕生日までらしい。今まで43歳以上の人が貰ってたって事にびっくりだけど、何でわざわざ打ち切るの? でもその策に妥当だと言ってる女がいて、イラッときたわ。

42歳を境に妊娠率は更に下がるって言われてるのに今までその年齢以上の人でも頑張れる人は応援しますよって事でしょ?
その年齢で世帯収入730万以下で何歳まで働く気よとは思うけど、そんなの本人達が1番よくわかってるでしょ。子供が大学行く頃定年って学費大変だろうなとも思うけど、それでも欲しいんだから策はあるはず。
それを外野が高齢で生まれてくる子供がかわいそうとかさ、黙っとけって話だよ。

収入制限で助成金出ない身としては最初の1回はせめて平等にしてよとかも思うけどね、この社会が平等だったためしなんかそうないわ。
費用対効果低い43歳以上に無駄に多くの税金費やすよりもっと若い可能性のある人達助成金額アップして手厚くしてもいいと思うけど、だからって完全に43歳以上を切り捨ててよとも思わない。ある程度助成金出してもいいんじゃないの。

あ、でも病院選びの甘い判断基準とか何がプライオリティなの?みたいな単にダラダラ治療続けて43歳過ぎて助成金もらってた人は別ね。頭の良し悪しって遺伝的要素が大きいからそれを高度な教育でカバー出来る収入がないなら、頭悪い親に育てられた不幸な子産む事になるんで無駄な税金使わず完全自腹で治療ろやと思う。