読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後ろ向きな私の不妊治療

体外受精から妊娠中

ビッチ@新宿ART

卒業検診まで残り1回の日、内診終えて診察室前のソファーに座ろうとして目に飛び込んできたビッチ。自分のカバンについているマタニティマークを更に見える位置に付け替えている。悪意しか感じない。取れよ。

ショートカットのいい年したビッチがブス過ぎてイライラした。ブスは怒りを3割り増しにする魔法が使えるらしい。全身舐め回すように見てやって改めてブス。ブスドギマギしてる。そんな仕草もブス。かわいさゼロ。

子連れ通院は賛否あるけど、私はしょうがないと思う派。本人だって子供を預けられれば、預けたかっただろうと。悪意は感じられない。不妊治療の病院で子連れを見て傷ついたって人のブログを読んだけど、マジでご愁傷様。そんな傷つきやすくて、他人は私を気遣って!の思考だと今の日本さぞお辛い事でしょう。でもその他人様に高い要求をする天性の図々しさ、ベクトル違えば大きなアドバンテージになると思いますがね。

実際私が遭遇した子連れの人は視界に入らないように?ナースセンター前のあまり人目につかない椅子に座っていた。ナースセンターから出る時ニアミスして、申し訳無さそうにするお母さんの姿を見て、先輩ドンマイと声をかけたくなった。
しかし件のビッチですよ、マタニティマーク外すくらいの気遣いあっていいだろ。
マタニティマーク目立つようにいい位置に付け替えるって、顔だけじゃ飽き足らず行動までブスでビッチ。顔面狂気な凶器。ブスって本当キライ。